インプラントに関する質問・疑問についてお答えします/青山 インプラント KU歯科クリニック

よくある質問(インプラント編)

よくある質問(インプラント編)

一般歯科についてのよくある質問をまとめました。
以下の項目をクリックすると解説が表示されます。

  • 糖尿病でも大丈夫ですか?
    • 医師の指導のもとに十分コントロールされていれば大丈夫ですが、状態によってはインプラントの手術ができない場合もあります。詳しい症状を先生に伝えてください。

  • 歯槽のう漏でも大丈夫ですか?
    • 歯槽のう漏にかかっている方はお口の中の衛生状態の悪い場合が多く、そのままではインプラントを入れることはできません。治療と正しい歯磨きを身につけることで歯槽のう漏を治し、それからインプラントを入れます。

  • インプラントはどのくらいもちますか?
    • インプラントはチタン製でとても丈夫ですので何か問題が起らなければ半永久的にお口の中で機能します。しかし、歯磨きが十分にできないでインプラントの周りに歯垢がついた状態にしていると天然歯と同様、歯槽のう漏のような状態になり、インプラントの周りの骨がやせてしまってグラグラ動いてしまいます。このようになったインプラントは抜くしか仕方ありません。インプラントを長持ちさせるためには、毎日しっかりと歯磨きし、必ず定期検診を受けてチェックと指導をしてもらわなければなりません。

  • 治療費はどのくらいかかりますか?
    • インプラントの治療は自由(自費)診療ですので診察を含め保険はききません。使用するインプラントの本数や種類、上に装着する人工歯の種類、症状の難易度によって費用は異なります。事前に医師とよく相談してください。
      当医院の治療費はこちら?に掲載しております。

  • どんな人でも治療できますか?
    • ほとんどの方が受けられますが、インプラントの治療において、最も重要なのは「健康な骨」が十分にあるかどうかです。
      インプラントを埋め込む顎の骨の量が少ない場合は、骨移植を行ったり、特殊な処置(GBR、リッジオーグメンテーション、サイナスリフト、ソケットリフトなど)である補助的手術によって、骨の量を増やしてから治療を行うケースもあります。
      ただし、骨などに大きな問題がある場合、心臓病、糖尿病などの持病がある方、妊娠中の方、あごの骨の状態にもより、手術が難しいこともあります。

  • 入れ歯との違いは?
    • 自分の歯に近い状態で噛むことができ、入れ歯のように接続部分の金属が見えるということはありませんし、入れ歯のように取り外す必要もありません。


最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional