青山のインプラント 審美歯科治療は、KU歯科クリニックへ

口腔外科

口腔外科

口腔外科としての領域は、あまり一般に認知されていないようです。
耳鼻科なのか?皮膚科なのか?整形外科なのか?
お口は消化器系の入り口であり、体の中で唯一硬組織(骨)がむき出しになり、外界にさらけでているデリケートなところです。
一般の歯科治療以外に、こんなことも歯科口腔外科治療になります。


  • 顎関節症

お口が開きにくい。開けるときに痛みがある。関節から音が鳴る。このような症状を顎関節症といいます。
下の顎は顎関節(耳の前)を中心に4つの筋肉でぶら下がっています。 かみあわせ・歯ぎしりが原因で顎関節症を発症することもありますので、いろいろな方面からの診査が重要です。

  • 親知らず・埋伏歯

現代人は顎の大きさが小さくなっているので、親しらずが並びきらないことが多いです。
まっすぐはえない事が多いので、他の歯にいろいろな悪影響を与えることが多いのです。 真横に埋まっている場合も多く、その際には抜歯時に歯肉を切開し骨を部分的に削って抜かなければなりません。
術後の腫れや痛みは、歯の状態はもちろん術者の技術的な差が大きく影響します。

  • 粘膜疾患

お口の中はいろいろな細菌でいっぱいです。
口内炎~癌まで、粘膜はいろいろな症状を示します。
初期のサインを見逃さずに、適切な処置をすることが重要です。

  • インプラント

歯を失った部分にチタン性の人工歯根を埋め込みます。
さらに詳細なインプラント情報は、東京予防インプラントセンターへどうぞ。

  • 上顎洞炎

お鼻の横・頬骨の裏側にある大きな穴です。(副鼻腔ともいいます)
上の奥歯の根の先が近い(中に入っている人もいます)ので、膿を持つと感染します。
ほとんどの場合歯の処置ですみますが、ほっておくと大きな手術をしなければならなくなります。


最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional