青山のインプラント 審美歯科治療は、KU歯科クリニックへ

形を美しく

形を美しく

歯の形を美しく

  • セラミッククラウン
    歯の形態、方向、色、様々な角度から美しく作り変えることができます。
    歯全体を一度削って、その上にセラミッククラウンを被せます。
    セラミッククラウンの種類は、様々です。
    従来の金属の裏打ちのあるメタルボンドもあれば、金属を一切使用しないオールセラミッククラウンも有ります。
    審美的要求がより高く、健康的なノンメタルトリートメントをご希望の方はオールセラミッククラウンがお勧めです。 永久に歯肉の付け根付近も美しく、歯肉もきれいなピンク色に保たれます。

オールセラミック
オールセラミッククラウン

メタルボンド
メタルボンド

  • コア

神経を除去した歯は乾燥しやすく破折しやすくなります。
被せ物をする前に補強の為のコア(支柱)を入れ、咬合圧を負担できる状態にしなければなりません。

今までの歯科治療におけるコアは、大半が金属製のものでした。
金属といってもシルバーから白金加金まで様々な種類がありますが所詮金属は金属。
長期的には腐食し、歯質削除量も多くなってしまいます。

コア

当医院ではグラスファイバーを用いたコアを使用いたします。
太さ約10μmのファイバーを束ね、その間に高強度のマトリックスレジンを含浸・重合させた、支台築造用に作られたポストです。
弾性係数は、従来の金属製ポストに比べ象牙質に近似しており、歯のたわみに応じて屈曲しながら応力を分散するため、歯への負担を大幅に軽減します。 金属と違い白色な為審美性に優れ、将来的に再神経治療が必要になった場合でも対応が可能です。

コア2





神経を除去した歯の、健康な歯質のみを残します。





コア3





そこに、ファイバー製のコアを装着します。






オールセラミッククラウンと組み合わせることで、審美性・耐久性・歯質保存性・生体親和性に優れた治療を行えることになります。

コア4


最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional