青山のインプラント 審美歯科治療は、KU歯科クリニックへ

治療の流れ(矯正)

治療の流れ

矯正治療の流れ

1. 初診相談
 問診や視診をしながら診察します。
 矯正治療を始める場合には、精密検査をします。

2. 精密検査
 歯の写真 顔の写真
 歯のレントゲン写真
 頭部のレントゲン写真
 歯列の模型
 などの治療計画に必要な資料をとります。
 症状により顎関節のレントゲン写真や顎運動の検査もします。

3. 矯正診断
 精密検査の結果をもとに、不正咬合の診断と治療計画・治療方法ならびに治療期間、
 矯正料金についての説明があります。

4. 治療開始
 矯正治療は、動的治療と静的治療(保定)の二段階に分かれています。

①治療計画に従い、いろいろな矯正装置を使って歯を動かし、段階的に治療を進めます。

②上下の歯が計画通りに動いて、次第に正常なかみ合わせになると、最終段階で仕上げの治療をします。

③動的治療が完了すると矯正装置をはずし、静的治療(保定)に入ります。

④動かした歯を支えて保護するために保定装置を使います。
その期間は通常2、3年ですが、場合によっては成長が終了するまで必要になることもあります。

⑤動かされた歯が完全に保定されると、静的治療も終わります。その後は、定期検診として、年に1、2回通院します。


治療計画に従って、固定式や取り外し式など、いろいろな装置を組み合わせて使います。

  • 固定式の装置

固定式装置

 

  • 固定式の装置 マルチブラケット(全体の治療に使う装置)

固定式の装置 マルチブラケット(全体の治療に使う装置)

治療内容によっては、使用できない場合もありますが、装置が目立たないような透明なブラケットを用いたり、歯の裏側にセットするなど審美性を考えたものも使われる場合があります。


最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional