インプラント埋入実績9,000件以上の豊富な臨床経験で、あらゆるケースにスマートに対応/青山 インプラント KU歯科クリニック

治療実績

治療実績

当医院では、1998年からインプラント治療を始めました。
よくある奥2~4本欠損の症例に対して、健全な歯をたくさん削らなければならない「半固定式の義歯」には抵抗を感じずにはいられませんでした。
「健康な歯を削る」ということに限界を感じ、当初から院外で勉強していたインプラント治療を導入することに踏み切りました。

当初は、「部分入れ歯からインプラント」という下顎奥歯の治療が多くありました。
違和感が大きく取り外し式だった患者様からは絶賛され、「上の入れ歯もインプラントにしたい」という声が多く聞こえてくるようになりました。
上の骨は下の骨に比べ軟らかく、上顎洞という空洞があるために骨量不足や骨質の問題で下に比べて難しくなります。
現在では、様々な補助手術(骨造成)により、骨量・骨質の改善を行い、適応範囲は広がっています。

近年では、前歯の審美的要求の高い部分への要望が多くなりました。
元々歯肉の薄い日本人の審美インプラント治療には、歯周外科手術を併用した総合力が必須です。

2年前に歯科用CTを導入し、事前シュミレーションを行うことで手術も簡素化され、その結果患者様の痛みや腫れなどのストレスも最小限にすることができるようになり、より確実な手術を行えるようになっています。 周囲の他医院様からの手術依頼も多くなり、簡単な症例から難症例まで幅広く対応可能です。

ここ数年のインプラント治療実績は下記の通りです。

グラフ

埋入本数
2000年 64本
2001年 84本
2002年 318本
2003年 471本
2004年 794本
2005年 987本
2006年 981本
2007年 810本
2008年 808本
2009年 749本

ネットワーク

画像
画像

当医院では、現状に満足することなく、日々様々な研鑽を積んでいます。 国内外の専門医との勉強会やトレーニングなどもその一つです。
特にインプラントについては、ルンド大学マルメホスピタル顎顔面口腔外科元教授、現アストラテック社クリニカルコンサルタントのDr.クリスターソンと、年1~2回の共同手術を行っております。
          画像

インプラントシステム

当医院では複数のインプラントシステムを採用しています。
個人のニーズが多様化されたなかでの近代歯科治療では、単一のシステムで全てをまかなうには限界があります。
まずは3つのインプラントシステムをご紹介します。

ITIインプラント(スイス)

ITIインプラント

安全で機能的なシステムです。
1974年に開発され世界40ヶ国以上で使用されています。歴史は長く4大メジャーインプラントシステムの1つです。骨結合面はSLAと呼ばれ最も安定性の高いインプラントシステムといえます。
骨結合がより強固でスピーディーな新しい表面性状のタイプがヨーロッパでは販売されていますが、日本国内ではまだ未承認です。1回法で可能な症例の場合はかなり有効なシステムです。

上部構造製作システムが確立されており、テクニカルエラーが少なくなるよう完成されています。補綴物とヘッドとの問に適切なセメントスペースができるように設計され、インプラントショルダーと補綴物が100%フィットするように精密に設計され製造されています。

日本人は粘膜や骨が被薄なので、審美的要求の高い部分に応用するには高いレベルの外科的主義が必要となる場合が多くなっています。
骨結合の安定性は群を抜いており、機能性を重視する臼歯に選択することが多く、特別な主義とされるインプラント治療を、広く一般的な治療になるための最大功労者といえます。


ASTRA TECKインプラント(スウェーデン)

ASTRA TECKインプラント

審美性に優れているシステムです。
4大メジャーインプラントの1つでブローネマルクシステムの欠点を改良したシステムです。アストラゼネガ社で製造。表面構造はTiOブラスト。
セルフタッピング方式で埋入されるボディはそのスレッドは荷重を理想的に分散することができ、強固で長期的に安定したオッセオインテグレーションを維持できるよう設計されています。長期的に骨吸収の少ないインプラントシステムです。

上部構造がフィクスチャー内径にジョイントするため、骨や歯肉の形態にあわせたファジーな対応が簡単。前歯などの審美的要求の高い部分に多く選択することが多くなっています。 国内未承認ですが、より審美性を追及したジルコニアアバットメントもラインナップされています。


カムログインプラント(ドイツ)

カムログインプラント

補綴パーツのラインナップが豊富なシステムです。
様々なインプラントシステムの25年間の研究データを元に開発された1995年に登場した新しいインプラントシステムで、現在ドイツでのシェアはNo.1です。
表面構造はプロモートと呼ばれ、濡れ親和性が高く、上部構造との連結システムが精密で長期安定性が高くなっています。

連結機構は10,000回転するレーシングエンジンを作っているポルシェ社の精密技術を生かして、 オリジナルチューブ構造とカムによってインプラントと上部構造は精密に連結します。


サバイバルレート

当医院で、過去に約3000本のインプラント治療を行いましたが、インプラントは100%機能しています。
「この前入れたインプラント、取れたんだけど・・・」なんてケースは皆無です。「しびれる感じがとれない」といった麻痺様症状もありません。当然、初期に何らかの理由で脱落しリカバリーしているケースも数本ありますが、多くの難症例にトライしていると考えればいたしかたないと思います。

インプラントのサバイバルレートは99.60%(上顎で98.62% 下顎で100%)になります。
埋入後さまざまな理由で定着せず1度除去したものの、インプラントシステムの変更やタイプの変更などを行い、1~3ヶ月以内にフォローし、結果的には全て定着していますので100%になっております。

これだけの症例を自分で行い、経過を観察し、あらためて「インプラント治療のすばらしさ」を痛感しています。
今後も「100%インプラント治療」を目指し、オーラルヘルスケアのお手伝いをしていければと考えます。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional